お電話は、こちらをタップ!

ぎっくり腰

ぎっくり腰とは

椎間板などの腰の組織のケガであり、医療機関では腰椎捻挫(ようついねんざ)または、腰部挫傷(ようぶざしょう)と診断されます。

重い物を持った拍子に突然腰が痛くなり動けなくなってしまうのは、正式には急性腰痛と言います。

「少しお辞儀をしただけ」「ただ立ち上がろうとしただけ」など、 ぎっくり腰が起こる状況は多岐に渡ります。

多くは一週間~二週間程度で自然に回復していきますが、時間経過によって改善が見られない、または下半身に痛みやしびれと言った症状が出現した場合などは、椎間板ヘルニアなどの病気が隠れていることがありますので注意してください。

ぎっくり腰を予防するためには?

ぎっくり腰の原因は実ははっきりとしたことは未だ分かっておらず、様々な状況で発症します。

そのため有効な予防法も一概には言えませんが、日頃から動き方や姿勢に気を付けたり、十分な筋力や柔軟性を保つことが重要だと思います。

具体的には

  • 床の物を拾う際には腰を曲げるのではなく、膝を曲げて腰を落として拾う
  • 持ち挙げた重い物に負けて背骨が曲がらないよう、腹筋や背筋を十分に鍛える
  • 股関節を柔らかくし、腰の負担を分散させる

などです。

ぎっくり腰になったら

ぎっくり腰の早期回復には普段通りの生活を心掛ける必要があります。

楽になるようなら湿布や痛み止めなどを使っても構いませんし、痛みを我慢してまで行う必要はありませんが、軽いストレッチなどを行うのも悪くはないでしょう。温めたり冷やしたりは、より楽になる方を選んでいただければ間違いありません。

怖いのは、椎間板ヘルニアや圧迫骨折などの病気が潜んでいる場合です。

あまりに痛みが強い場合や症状の改善が見られない場合などは、自己判断を避け、ぜひ当院にご相談されることをお勧めします。

当院が初めての方限定

※ 3回目からは、1ワク5,000円です。

もう大丈夫です!その腰痛、楽になります

営業時間

お気軽に、ご相談・お問い合わせください。

メール・LINEは、24時間受付

お電話での受付は
【平日】
9:00~12:30 / 14:00~20:00
【土・日・祝日】
9:00~12:00 / 14:00~18:30

みずほ整骨院
タイトルとURLをコピーしました