お電話は、こちらをタップ!

腰椎すべり症

腰椎すべり症とは

腰椎すべり症とは、積み木のように連なる腰椎が、文字通り前方へ滑り出してしまい、様々な症状を引き起こす病気です。

腰椎すべり症は、大きく背骨や椎間板などの変性によって起こる「変性すべり症」と、腰椎分離症に続発する「分離すべり症」とに分けられます。

原因は違いますが、それぞれ出現する症状はほとんど変わりません。

腰椎すべり症の症状

すべりの程度にもよりますが、症状としては、まず腰痛と坐骨神経痛があげられます。すべりが強度になってくると、腰椎の後方を走る脊髄神経が圧迫され、下半身に痛みやしびれが出現します。

また、長い距離を歩くと痛みやしびれが出現し、かがむことで楽になる「間欠性跛行」と言う症状も多く見られます。

分離すべり症も変性すべり症も結果的には脊髄神経の圧迫が症状の主な原因となるため、出現する症状に大きな差はありません。

当院が初めての方限定

※ 3回目からは、1ワク5,000円です。

もう大丈夫です!その腰痛、楽になります

営業時間

お気軽に、ご相談・お問い合わせください。

メール・LINEは、24時間受付

お電話での受付は
【平日】
9:00~12:30 / 14:00~20:00
【土・日・祝日】
9:00~12:00 / 14:00~18:30

みずほ整骨院
タイトルとURLをコピーしました